ホーム

 

2022年1月1日更新 

~謹賀新年~

         


顔写真1皆様の一年が、幸せいっぱいで有りますように と祈念して。

昨年は不穏で落ち着かない日々がありました。そんな中、オリンピック、パラリンピックが開催されました。当初は開催に乗り気ではなかった人達も終わってみれば、気持ちが明るくなった、力をもらったと、概ね好意的だったようです。おかげで街のUDインフラが進み、障害者理解への機運も高まりました。

これがゴールではなく、このことを通過点として、もっともっと成熟した日本になってほしいと願います。

コロナ禍の作年を、皆様はどのようにお過ごしだったのでしょうか。私は、何かアクションを起こしていいのか、踏み出すことを躊躇いながら、小さな殻にいた気がしました。

今年は体力をつけた上で、新たに知ることが多い年にしたいです。そのためには、柔軟な心と体を持ち、その場に留まっていてはいけません。

作年の終わりになってから懸案なことが、不思議と解決してゆきました。暮れに神社で厄払いをしたお陰なのか?「自分が神事を信じているのですか」と、問われると半信半疑ですが、神社の大きな木の側に行けばエネルギーを頂く気分になりますし、手を合わせると、心新たに清々しくなるものです。

氏子である神社で、「厄払いは、どのくらいの頻度でするものですか」と問うと、きっぱりと「3ヶ月ごとにするといいですよ」と言う返答にたじろぎました、ええ~ホンマかいな。

ずっと、冠婚葬祭など無くてもいい、気分の問題だと思っていましたが、祭事も大事にしてみようかな、と思った年の暮れでした。

内も外も穏やかな一年で有りますように。

 

 

イージースタンド←壊れていた機械が暮れに、直って戻ってきました。トランスファーに不安を感じ、そこからのスタートになりますが、いっぱい立って、足を、いえ骨を強くしたいです。この機械は優れもので、全く手では支えていません。だから立ったまま、居眠りすることもあります。びっくりです。

 

 

                                                             

“おしゃべり’は随時更新”

➤ 前回のエッセイを読む


 


▲ ページの上に戻る