~ 前回のエッセイ ~


「春近し」


 

忙しくすることは習慣だ、と言った人がいた。仕事のみならず、余暇や寝ることにおいてすら忙しくしている気がする。せいては事を仕損じる、ということわざがあるが、結局やり直したりして、かえって時間を多く取ることも多い。それで増々焦って忙しくなるという悪いスパイラルに陥りがちです。忙しくすることは生活の質を落とします。また、健康や人間関係までも。そして残念なことは気づくはずの素晴らしいものを見過ごしてしまう。

自然からの声を受け取らずにスルーしていたり、人の真意や思いやりやら・・・・。今のペースを落とす。ゆったりした時間を過ごすと本来見えていたものに気づくだろう。人生は忙しく生きるには短すぎる。

 

 

▲ ページの上に戻る