プロフィール

ミス・インターナショナル準日本代表に選ばれ、
ファッションモデルとして活躍中に交通事故で頚髄を損傷。
著書が『車椅子の花嫁』と題してドラマ化された。
現在は、講演や企業のユニバーサルデザイン商品の開発等、
<共存・共栄のバリアフリーな社会>を目指して精力的に
活動中。パラリンピック射撃日本代表。

➤ プロフィールの印刷はコチラ

 

職歴・経歴

大阪府生まれ

1981年

「ミス・インターナショナル日本大会」において、82年度ミス・インターナショナル準日本代表に選出され、同年 モロッコで行われた「ミス・ネーショーン世界大会」に出場し、ミス・エレガンスを受賞。

1983年

上京後、ファッションモデルとして活躍。
また、TBS「世界まるごとHOWマッチ」のアシスタントとして脚光を浴びる。

1984年

交通事故に遭い頚椎を骨折し、車イス生活を余儀なくされる。

1985年

身体障害者の国体(鳥取)に出場し、
2種目(スラローム・60m)で大会新記録をだし、優勝する。

1987年

「国際競技大会(車椅子競技の世界大会)」で金メダルを獲得する。

2002年

世界射撃選手権にライフル競技で出場する。

2004年

アテネパラリンピックに射撃の日本代表選手として出場。

2011年

よりNHK障害福祉賞、審査員
現在は、執筆・講演活動の他、洋服メーカーのモデルとアドバイザー、
企業のバリアフリーコンサルタントを行っている。

2016年

カーリング日本選手権準優勝(信州チェアカーリングクラブ所属)

prof2

 

▲ ページの上に戻る

 

主なマスコミ活動

・NTV「スーパーテレビ」で「車いすの花嫁さん」と題した半生が放送。
 反響が大きく、その後「車いすの花嫁さん2」『車椅子の花嫁の15年』が放送された。

・その他、「徹子の部屋」、「クイズ$ミリオネア」、「ザ・ベストハウス1・2・3・」、
 「アンビリバボー」、「笑ってこらえて」等、テレビ番組に多数出演。
 テレビ東京系『生きるを伝える ●誰かのために

 

▲ ページの上に戻る

 

著書

命をくれたキス(小学館)
中国・韓国でも翻訳されている。
電子図書はこちら
『一年遅れのウェディングベル』(日本テレビ出版)
『気分は愛のスピードランナー』(日本テレビ出版)

 

▲ ページの上に戻る